大爆笑させていただいた家庭教師アルバイト時代の生徒さん

大爆笑させていただいた家庭教師アルバイト時代の生徒さん

仕事 0 Comment

大爆笑させていただいた家庭教師アルバイト時代の生徒さん

大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしていました。
私が大学3年生の時に指導していた当時中3の教え子くんから、先日突然facebookの友達申請が来て、懐かしいなぁと思っていたら、なんと!ハイボールを片手に!!

ち…中3だったヤツが…!!

いや、まったく、時の流れと言うものは本当に早いですね…!

それでも、もう何年も前になる事で、1年半ぐらいしか関りのなかった子どもからも、こうやって友達リクエストが届いたりすると嬉しいものです。

そんな教え子くん、私が教えていた当時から、なかなかのファンキーぶりで数々の珍回答で私を笑わせてくれました。

英語が最も苦手な教え子くん。
人称代名詞(I, my, meとかhe, his, himとか)がちんぷんかんぷんだったらしく、一緒に暗記していました。
復習で確認テストをしたところ、一瞬「ヤバイ」という顔になり、復習していなかった事がバレバレでしたが、そのまま果敢に挑戦する教え子くん。

「えーと…、ひむひむひ、しーはーはむ」

それは…つまり…「He, His, Him」と「She, Her, Her」の事かしらね。

全然ダメです。もはや、ドリフターズの「学校コント」です。志村けん師匠が目の前に浮かびます。

落ち着いて再度トライさせようと、ヒントを与えたりしながら一緒にやりだしたのですが、パニックになった教え子くんはもう誰にも止められません。

「ひっひっふー」

って…お産か!!!

パニック状態の彼には申し訳ないですが、お腹が痛くなるほど笑わせていただきました。

そんな、とんちんかんな回答が多かった教え子くんですが、楽しく授業を続けていくうちに少しずつ学力も伸びてきて、志望高校に受かったという報告を聞いた時はとても嬉しかったです。
そしてfacebookでお酒を楽しそうに飲んでいる姿が見られて、先生はとても幸せだったのでした。

作成者

コメントする

ページトップへ戻る